コラム

交通事故

コラム

交通事故にあってしまったとき,今後の損害賠償の話合いをどのように進めればよいかわからないことも多いと思います。当事務所では,交通事故後の話合いの流れや注意すべき点について,最初の相談の際に詳細にご案内しています。

また,現在の交通事故の損害賠償実務においては,弁護士が代理人として交渉すれば,任意保険会社が提示する損害賠償額から増額されることがほとんどです。

これは,任意保険会社が最初に提示する示談案は『任意会社基準』によって計算されているところ,弁護士が代理人となってからは『裁判基準』をベースに計算されることになるためです。当事務所では,保険会社からの示談案を持参して相談いただければ,どの程度の増額が見込まれるかを相談中に概算することができますので,その計算結果に応じて弁護士に事件を依頼するか決めていただくこともできます。

後遺障害の認定結果について納得がいかない場合,異議申立や訴訟その他の手続についても対応しております。この場合,医療記録の取り寄せを行い,認定結果の妥当性について検討します。

なお,ご自身が加入している任意保険に弁護士費用特約が付されている場合,保険から相談料,着手金,報酬金及び実費が支出され,弁護士費用の手出しはありませんので,相談前に保険会社に確認することをおすすめします。

【よくあるご相談】
・ 交通事故にあったが,どのように話合いを進めればよいかわからない。
・ 相手方の任意保険会社から示談案が示されたが,妥当なものなのかわからない。
・ 弁護士に依頼した場合,現在の示談案からどの程度増額される見込みがあるか。
・ 後遺障害の等級について納得がいかない。どのように対応したらよいか。被害者請求や異議申立について知りたい。
・ 主婦の場合,休業損害や後遺障害逸失利益はどの程度認められるのか。
・ 相手方保険会社から症状固定と言われたが,まだ治療を続けたい。
・ 相手方保険会社から健康保険を使うよう求められたが,どのように対応したらよいか。
・ その他多数。